レーダー探査による非破壊鉄筋探査

 

はじめに

 

 近年、鉄筋コンクリートの劣化などの問題が生じ、強度が不足している構造物が増えています。このような場合、既設の構造物に穴をあけて、鉄板を撒く方法、コンクリートを外部に増し打ちする方法などでコンクリートの補強工事を行います。 鉄筋探査は鉄筋の位置や深さを調査することで、鉄筋の切断や穴があけられないなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

 

使用機器

 

(1) 鉄筋探査器

本器は、コンクリート内部を探査する非破壊探査用の機器で、主としてコンクリート内部の鉄筋の配筋状態を探査することに使用します。

(機種:日本無線株式会社製: ハンディーサーチ NJJ-95B)

 



(2) 超音波試験機

本器は、コンクリート内部を伝播する超音波の伝播速度を測定することで、主としてコンクリートのひび割れ深さの測定、弾性係数・強度の推定に使用します。

(機種:富士物産株式会社: TICO)

 



(3) テストハンマー

本器は、非破壊で手軽にコンクリート構造体の圧縮強度を推定する機器です。

(機種:富士物産株式会社: シュミットハンマーNR型)

 


 

 

探査方法

 

(1)電磁波レーダ法

 

特長

・探査深度(かぶり深度)は、5㎜~300㎜まで探査可能です。現場状況により異なります。

・探査対象物の材質は、金属、非金属を問いません。

・電磁波の反射は、コンクリートと電気的性質が異なる境界面で起こるので、鉄筋だけでなく、塩ビ管、空洞などの探査が可能です。ただし、塩ビ管、空洞などは鉄筋に比べ反射が弱く、また鉄筋の近くやそれより深い位置に有る場合には鉄筋からの強い反射の影響で塩ビ管、空洞からの反射が得られない場合も有ります。

 




 

 

利用分野

 

●コンクリートアンカー工事 ●コア抜き工事

●電気設備工事 ●ガス工事 ●水道工事

●コンクリート建造物改修工事

●コンクリート建造物調査診断

●コンクリート橋梁完成検査  など

 

 

調査費用

 

 解析費用の概算は下表の通りですが、構造条件、調査ケースの数などにより異なりますので、事前にご相談させてください。